婚活ジプシーロール
*
ホーム > エンタメ > 自分の判断だけではむずかしい

自分の判断だけではむずかしい

一般的なはじめたばかりの人向けのFX取引の本では、「マイナスになった状況ではナンピン買いをすることで、平均の価格を低くする事が出来る」等と助言されていると思いますが正直そこには落とし穴があります。

 

最初に、ナンピン買いの仕組みについて説明しておきます。

 

例として1ドル100円でドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いだから、円安に向うほど黒字が出るわけだが、思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高ドル安に推移したとします。

 

その場合持ち続けたとしたら、マイナスをなくすためには、ドル安になった分、円安に動く必要があります。

 

誰もが、損は可能な限り早く0にしたいと考えるでしょう。

 

この状況を打破するためはじめに売買したのと同額のドルを1ドル=95円で取引します。

 

そうすると、ポジションの買い付け単価は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

 

これで、2.50円の幅でドル高に向えばマイナスを失くすことが出来ます。

 

これが、ナンピン買いの手法です。

 

このとおり、ナンピン買いの理屈を聞くと「なるほど」という気分になるが、マーケットは容易には思い通りにはいきません。

 

元々、1ドル95円が下限だとということなど誰一人として予想できません。

 

たとえば、相場がかなりのドル安トレンドだったら、95円では下げ止まらずにドル安が進む可能性が高いです。

 

たとえば、1ドル97.50円でナンピンをしたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピン買いした分についても差損が生まれます。

 

その状態では、初めに注文したドルと一緒に倍の為替差損が生まれる事になります。

 

この通り、ナンピンは難しいのだ。

 

では、市場が自分のストーリー展開とは別の方向に向う場合どんな対策で危機を管理すればいいのでしょうか。

 

こういう状態で選ぶべき術は2つあります。

 

まずはじめはあきらめて損失を確定する事です。

 

ふたつめはその段階で、自分が持っている買いポジションを縮小することによって再び為替相場が戻るのをひたすら待ち望む事だけです。

 

かなり消極的な術だと考える人もいると思います。

 

だが、自分のポジションに損が出た場合、最も効果のあるやり方はそれ以外には考えられない。

 

勿論、机上では、ナンピンを入れるという対策もあるように思えます。

 

だけどナンピン買いは、自身が損失を披っている場面にもかかわらずポジションを縮小するどころか、それとは反対にポジションを積み重ねていく手段です。

 

この方法では、危険性を回避することなど、とても不可能だと思ったほうかいいだろう。

 

ナンピンを続けられればいつかは損を取り返せるかもしれません。

 

だが、その前に投資資金はショートしてしまいます。

 


関連記事

自分の判断だけではむずかしい
一般的なはじめたばかりの人向けのFX取引の本では、「マイナスになった状況ではナン...
テスト
テスト記事です。...